プロ

ゴルフはどうして人気があるのですか?

ゴルフは多くの人に愛されているスポーツです。
そんなゴルフはなぜ人気があるのでしょうか。
ゴルフが人気があるのにはいくつかの理由があります。

まず一つ目の理由は、いつでもスポーツとして始められるということです。
3歳ぐらいの子供から65歳の定年を迎えた高齢者まで、やりたいと思ったら年齢関係なく楽しめるスポーツです。
特に高齢者にとっては、ある程度の年齢が来ると、できるスポーツとできないスポーツが出てきてしまいます。

瞬発力が必要なもの、運動量が多いもの、足や腰などの一部分に負担がかかるスポーツなどは、体への負担が多くなってしまいます。
なので、サッカー、野球、バレー、バスケットなどの運動は難しくなります。
これらのスポーツに比べてゴルフは、停止したボールを打って、カップを目指していくものなのでさほど体への負担はありません。
足、腰、肩、腕など全身を使ってショットを打つので、体全体を使うスポーツです。

なので体のどこか一部に負担がかかるということもありません。
唯一大変なのは、18ホールうちながら歩かなければいけないことです。
歩くことも運動と思って歩く人もいますが、カートで移動することができるので、疲れることなく最終ホールまで楽しむことができます。

なので65歳の定年後からでも、新たなスポーツとして挑戦する人も多いです。
そのほかの理由として、年齢や性別関係なく一緒にゴルフのプレーを楽しむことができるということです。
女性と一緒に行う際にはハンデなどをつけて勝負する場合もあります。

ゴルフを一緒に回りながら会話などを楽しむことができるスポーツだといえます。
家族みんなで同じ空間でゴルフを楽しむことができます。
このような形で一緒に楽しめるスポーツはごくごく限られているといえます。

最後にゴルフはとてもシンプルなゲームでありながら、とても奥が深いスポーツだということです。
ホールで決められた打数にいかに近づけて、ホールアウトできるかということです。
その時々に応じて、風や天候、プレーヤーの精神状況などにとても左右されます。
ドライバーの飛距離によって、残りのヤード数を考えながらどのような形で攻めていくのかということを考えなくてはいけません。
ゴルフは経験を積み重ねることでどんどん上手になっていくスポーツです。
なので多くのに人気のあるスポーツだといえます。

このページの先頭へ