プロ

ゴルフで一番難しい所はどこですか?

ゴルフは年齢問わず、若い人から年配の人まで楽しむことができるスポーツです。
また男女問わず同じ場でプレーをして楽しめるスポーツなため、多くの人に愛されているスポーツといえます。
よくゴルフを始めるとはまってしまう、飲めり込んでしまうという人が多いです。

それはゴルフは規定打数が決められたホールで、いかにいい成績を残せるかという単純なゲームです。
誰にでもルールを簡単に理解してもらうことができます。
いかに早く規定打数よりも少ない打数で回ることができるかということにつながります。

そんな簡単なルールにもかかわらずゴルフはとても難しい競技だと感じる人が多いです。
なぜならゴルフは、その時の環境や選手の体調、その場の雰囲気などによって大きくプレーに影響が出ます。
ゴルフのプレーのうち7割が精神的技術、3割が技術とも言われているスポーツです。

いかに冷静に状況を判断して、一番適したクラブでどの世に打つのかということを判断しなくてはいけません。
それが一番ゴルフの難しいところだといえます。
ゴルフは野外のスポーツなので、自然が大きな敵になることもあります。

例えば、雨がたくさん降っている場合、風が強い場合、など同じコースでも全然環境が異なると、全く違うコースのように感じることもあります。
なので的確なグラブを選び正確なショットができるかどうかがとても問題だといえます。
そしてもう一つは精神的な強さです。

どんなプロの人でも精神的に乱れているときは、30センチのパットをはずしてしまうことがあります。
それだけ多くの集中力と精神統一が必要なスポーツといえます。
またグリーンの上では、芝生を読むということもとても難しいです。

風の影響や傾斜の影響ボールの軌道を読み取るのはとても難しいです。
このようにゴルフを粉う際には、目に見えないいろんなものが障害となっている場合が多いです。
同じコースでも時間やタイミングなどのよって選ぶクラブを変えたり、といった見極めの能力が鍛えられます。
このようにシンプルな競技でも目多くが深く、年齢とわず楽しむことができるスポーツだなといえます。

このページの先頭へ