プロ

ゴルフはいつから始まったスポーツですか?

今多くの人がいろんな趣味を抱えています。
中でもゴルフは、いろんな年代層に愛されているスポーツといえます。
趣味でゴルフをしていますと答えられたらかっこいいのではと思って始める人もいるでしょう。

その逆に会社の付き合いででったいゴルフをしなくてはいけないから、仕方なく覚えたという人もいます。
ゴルフは紳士的なスポーツとして認識されているため、ゴルフができる人は自分の価値も上がると思う人もいます。
人によってゴルフを始めたいという気持ちは異なります。

でも少しの興味で始めたゴルフでも、多くの人がゴルフの虜になり競技者数もとても多いスポーツの一つといえます。
そんなゴルフは、いったいいつからどの様にして始まったとされているのでしょうか。
実はゴルフの期限にはいろんな説があるため、どれが確かなのかということははっきりしていません。

よくゴルフというとイギリス発祥で紳士的なスポーツとして認識されている人が多いです。
しかしゴルフの起源にはいくつかの説があります。
有力視しているされているいくつかの仮説を紹介したいと思います。

まずひとつめはスコットランドで発症したという説です。
コルフと呼ばれる打った球を柱に当てるというスポーツが北欧で始まり、それがスコットランドに伝わって発展したのがゴルフという説があります。
そのほかには、オランダでフットコルフェンというスポーツがあり、それがゴルフの起源とも言われています。

また中国の捶丸というという競技が起源だという説もあります。
この中でも最も今信憑性が高いのは、オランダのフットコンフェンが原点ではないかといわれています。
それはオランダから、ゴルフボールをスコットランドに送ったという輸出書類が発見したことがきっかけです。

いろんな説があるのものゴルフは、一定の距離から決まった大きさの穴に目が毛手静止したボールを打つというシンプルなゲームです。
そのためいろんな国で似たような遊びやスポーツが行われていてもおかしくはないといえます。
始めてのゴルフボールは、羽毛や羊毛で作られたフェザリーボールというボールがスコットランドに伝わりました。

400年以上もこのボールをゴルフ用として使われ続けました。
その後1848年に初めてゴムで作られたボールが開発され、それと同時クラブの改良も行われました。
このころから上級階級の貴族たちが好んでやるスポーツとして選ばれるようになりました。

このページの先頭へ