プロ

ゴルフは年配の方でもできるのはどうして?

ゴルフというと、いろんな年代が楽しめるスポーツとして認識され始めています。
以前はどちらかといえば年配の人や30代のプロ選手が目立っていました。
それが今では10代でプロ選手になる人がいたり、20歳前半の若い選手が世界で活躍する時代になりました。

このような若い人の活躍もあって、ゴルフはとても広い年代で愛されるスポーツになりました。
ゴルフ以外の球技では、サッカーや野球、バスケットなどで年配の人が活躍をしているという話はあまり耳にしません。
しかしゴルフはシニアの大会があったり、定年後の健康維持にゴルフをする人もいます。

なぜ同じ球技にも関わらず、ゴルフの場合は年配の人でも楽しめるのでしょうか。
それはゴルフの場合、基本的にはハードな動きが少ないということです。
バスケや野球やサッカーなどは、長時間走ったり俊敏な動きが必要とされます。

しかしゴルフは、一打うってから移動してまた一打打つという事の繰り返しです。
なのでさほどハードな動きをすることなくプレーすることができます。
一緒にプレーする人と競い合いながらプレーを楽しんだり、自分のペースや体力などに合わせて楽しんでプレーすることができます。

中には60代になってからゴルフを始める人がいるほど、ゴルフは年配の人に親しまれているスポーツです。
またゴルフは特に取引先との接待などにも使われることが多かったです。
なのである程度の役職についてから、接待のためにゴルフを覚える人もいます。

ゴルフは会話をしながら楽しむことができるスポーツともいえます。
なので仕事では見れない一面が見えることも多々あります。
ゴルフのプレーの後などに契約の話が出て、後日詳しく契約の手続きをしましょうという話になることが多いです。

なのでゴルフはスポーツだけでなく、仕事の一部としてビジネスで使用されることもあります。
なので年配の人も多くゴルフを楽しむ人が多いです。
バカンスで行うゴルフでは、景色や空気、天候などを楽しみながらプレーをすることができます。
ゴルフは男女ともに一緒にプレーをして楽しめる珍しいスポーツともいえます。

このページの先頭へ