プロ

プロゴルファになるために始めるなら、いつからがいい?

ゴルフと聞くとプレイヤーの年齢層は何歳ぐらいを思い浮かべますか?
それは人によって大きく意見が異なります。
シニアのプロの選手をこと得る人もいれば、10代のプロ選手の名前を答える人もいます。
また20代や30代の選手の名前を挙げる人もいるでしょう。

スポーツという視点から考えて、ゴルフの選手生命はとても長いスポーツの一つといえます。
例えば、サッカーや野球などは30代から40代前半ぐらいまでが、プロで活躍できる年齢層となっています。
それに比べてゴルフは、50代でも定年後元気で入れる限り行うことができるスポーツです。
もちろんプロとしてプレーできる年齢は限られています。
それでもシニアの大会があるほど、年齢層が広くプロとして試合をすることができます。

そんなプロになるためには、いつから目指していったらいいのでしょうか?
プロおゴルファーになった人のインタビューなどを聞くと、ほとんどの人が小さいからクラブを握って練習していたという人が多いです。
小学生の低学年ぐらいからゴルフの練習をしていたという人がとても多いです。
今スポーツは小さいころからの英才教育としてとらえられています。
なので、ゴルフでプロになりたいのであれば、早い段階から練習をする方がいいでしょう。

私立学校では中学からゴルフ部があるところもあります。
高校でゴルフをしていてアマチュアとしてプロと混ざって大会に出ている人もいます。
ゴルフは、お金持ちの娯楽としてのスポーツと思われがちです。
しかし、プロのスポーツ競技として、中学から部活動として取り組んでいる学校もあるということです。
なのである程度の年が来てからプロを目指すのではやはり積み重ねてきた経験や練習量をカバーするのは難しいといえます。

特にプロとして大会に参加する場合は、予選リーグをまず勝ち進めなくてはいけません。
本大会では週末にかけて男性の場合1日18ホールを4日間こなさなければいけません。
女性の場合は1日18ホールで3日間の試合日程になっています。
なので週の半分は高いに占められています。
1週間ごとに全力でプレーしていける体力や基礎の筋力をつけなくてはいけません。
そういった体づくりはプロになりたいからといってすぐに身につくものではありません。
長い年数プレーし続けることで、ゴルフ必要な筋力や体力が身につきます。

今スポーツの世界では、プロを目指すのであれば小さなころから専門の競技の練習や教室、ジュニアチームなどに入るのが常識になっています。
本人のやる気さえ明確であれば、1日でも早くゴルフを習わせてあげることがお勧めです。

このページの先頭へ