プロ

ゴルフのスイング力を上げる為にはどうしたらいいですか?

ゴルフは年齢問わず誰もが楽しめるスポーツです。
10代の若い人から定年後の楽しみとしてゴルフを始めるという人もいます。
そんな多くの人を魅了するスポーツで、もっと上達したいとだれもが思うのではないでしょうか。

特にゴルフではスイング力がとても重要になります。
スイング力が上がることで飛距離が伸びたり、安定したショットを生み出すことができます。
なのでゴルフの中でもとても大事なことだといえます。

まず最初に肩と腕のプレーンが平行に動くことが大事です。
それによってクラブも同じようなプレーンで動かすことができます。
手に力が入り過ぎてしまうと、肩と腕がバラバラになってしまうので安定感が得られません。

ゴルフを初めてやる人はつい、ボールを遠くに飛ばそうと腕を振ってスイングしてしまう場合が多いです。
実際はスイングする際は、手や肩を動かすのではなく腰を中心として体を回転させてスイングをすることが大事です。
体全体でしっかりとスイングすることが大事です。

そしてスイングをする際に体の中心にあるスイング軸をしっかりと保つということです。
軸を中心として体を回転してスイングをするので、左右にぶれないようにしなくてはいけません。
最後にスイングをするときの体重移動です。

右利きの人は、バックスイングした際に右側に体重をかけ、ダウンスウィングで左側に体重移動をしなくてはいけません。
左利きの人はこれが右左逆になります。
これらのスイングができるようになるためには、体の動きをしっかり覚えるということが大事です。

なのでスイングの軸をしっかりバランス良くするための練習法があります。
それは両足を閉じてスイングすることで、体の軸を感じながらスイングすることができます。
まだスイングの練習法として自宅の中でもできるものとしてフライパンでの練習法がお勧めです。

フライパンの柄の部分をグリップのように持ち、スイングします。
家の中でも練習が気軽にできて、さらにフライパンの重さがスイングにはちょうどいい重さとなっています。
またスイング力をあげるためには、やはり腹筋がとても大事です。
なので普段の筋トレも欠かさず行うようにしましょう。

このページの先頭へ