プロ

ゴルフの賞金はどのくらいですか?

プロゴルファーになると、収入の多くを占めるのが賞金になります。
賞金王の獲得金額をみると1億円以上なので、一般家庭の収入などと比べるとうらやましくなるような年収だといえます。
しかしそんな金額を受け取れるプロゴルファーはほんと一握りといえます。

プロゴルファーは世界中の選手と競い合わなければいけません。
プロとして常に上位に上がる選手でも、予選落ちなどをしてしまう大会もあります。
なので、常にいい成績をおさめ続けるということがいかに難しいかが分かります

日本のツアー賞金の場合、賞金総額が1億5000万前後の大会が多いです。
その内訳は男女とも同じで、優勝が20%、2位で10%、3位で6.8%と決まっています。
なので優勝金額が約2000万前後となり、2位の場合が1000万前後となります。

だたし男女の試合数が圧倒的に異なります。
女子の場合は年間35試合ほどありますが、男性の場合はその半分の試合数となっています。
そのため、女子の場合は試合数が多い分、賞金総額が6000万から8000万のトーナメント試合も多いです。

女子のツアーでも年間4/1の試合は、賞金総額1億円以上の大会があります。
それに比べて男子は、試合数が少ないため、賞金総額も高い試合が多いです。
日本選手で、よくアメリカツアーに参戦する人が多いのは賞金の額が日本とは比べ物にならないほど高いからです。

アメリカでは、年間45本ほどの大会が行われています。
賞金総額は、男子で優勝者が18%、2位10.8%、3位で6.8%になっています。
女子の場合は、優勝者が15%、2位が9%、3位が6.8%になっています。

割合的には日本のほうが割がよく感じるかもしれません。
しかし賞金納総額が、多いため優勝者には8000万から1億円以上の大会もたくさんあります。
準優勝でも5000万もらえる大会もあり、日本で優勝するよりも多くの賞金を得ることができます。
大会によっては優勝賞金の割合が、18%から28%に引きあがるものもあり、優勝賞金も注目される大会も多いです。

このページの先頭へ